Home > ベビ待ちのとき | ベビ待ち(むにの時) > 2)ほしいのに、できない...

2)ほしいのに、できない...2)ほしいのに、できない...

 子供が欲しいと切に願いつつも、例の試験の結果が出るまでは子作りはしないと決めていたので、その思いをすぐに実行に移すことはできませんでした。その試験は、私が子供の頃から憧れ続けていた大切な夢のためのものだったからです。
第一次試験を突破し、二次試験に臨み......でも結局二次で不合格となってしまいました。
でも、二次試験の結果が出る頃には既に頭が子供のことでいっぱいになっていたので、とりあえずこれまでの夢の方は後回しにして、待ってましたとばかりすぐに子作りを開始しました。

まだ、それなりのことをいたせばすぐに妊娠するものと思い込んでいたあの頃の私。
一応ネットでは、赤ちゃんができにくい人の話などは調べて知ってはいたけれど、自分は毎月ちゃんと生理も来ているし、基礎体温(避妊のためにつけていた)もちゃんと二層に分かれてるし、さしあたって身体的にどこも悪いところはないし、大丈夫だと思っていました。はっきり言って【子どもができにくい】なんて、他人事でした。

それなのに...。

「もしかして、すぐにできちゃうかも!?」
なんていうノーテンキな期待は見事に裏切られ、最初の周期は撃沈。
「でもま、今回はタイミングがあってなかったのかな?」
なんて排卵検査薬を使用してタイミングを図るも、2周期目もこれまた撃沈。
そして4回撃沈して...、不妊の定義にはまだまだ早すぎたんですが、せっかちな私は慌てて近くの産婦人科を受診しました。子供ができなくて悩んでいるなんて義両親に知られたくなかったので、買い物に行くふりをして。
基礎体温表を見てもらったりエコーでみてもらった結果、特に何も問題は見当たらないということでした。そのとき、排卵間近と言われ、うきうきでタイミングを図って・・・今度こそできる!と思ったのに、やはりその周期もダメ。

私は、自分がちゃんと妊娠できる体なのかが一番知りたかった。
妊娠できる体なのかがちゃんと目に見える形で(色々きちんと検査したりして)分かれば、タイミングを図りながら待つこともできる。検査をして何か問題が見つかれば、それを治療しながら待つこともできる。
けれど、それが分からない。体温表とエコーだけでは不十分な気がしました。体の中のことは外からは分からないのでもどかしかった。
多分、同居していなかったらもっと気軽(?)に何度も産婦人科を訪問して、とことん調べたかもしれません。でも同居している義両親にバレないように何度も通院することは小心者の私には不可能でした。
中途半端なモヤモヤの気持ちの中、タイミングだけを図って頑張るしかありませんでした。
とても不安で、タイミングを図る上でダンナと何度かけんかもしたし、生理がきては何度も泣きました。

自己流でタイミングを取りつつも、なかなか妊娠しない日々が続き・・・・・・。

ネットで色々情報を仕入れ「これがいい」というのがあればできる限り試しました。
子宝グッズとして、【プーさん】を買って北に置き、子宝パワーがあるという【木村さん】の画像を印刷して部屋に貼ってみたり...。【ガーネット】を身につけたのがいいと聞いてガーネットのピアスも買って付けたり。
他は【ローズヒップティー】を飲んでみたり(私にはどうにもダメな味だったんで途中で挫折したけど苦笑)。冷え性が妊娠の妨げになると聞けば、【養命酒】まで飲みました(激マズ!でも根性で700ml1本あけた拍手)有名な【マカ】もためしました(←でもこれは体質に合わなかったようでやめました)。
7月に【ミリオンバンブー】も購入。ちょうど七夕の時期だったので、近くのショッピングセンターにたくさん売ってて。
ミリオンバンブーは金運を招くことで有名。でも、家の北に置くと子宝運が上昇するらしいので家の北に置き、毎日話しかけてました(あやしいやつ。笑)

でも、それでもやっぱり妊娠しない...。

Home > ベビ待ちのとき | ベビ待ち(むにの時) > 2)ほしいのに、できない...

同一カテゴリーの記事
よく読まれている記事(top5)
Now Loading...
サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Return to page top