プリキュア、春の映画

行ってきましたよ、プリキュア映画
前回同様、ぷにを実家の母に預け、むにと二人で。
パンフとレインボーミラクルライト

観た感想・・・。
「ま、こんなもんでしょう!」
っていう感じです(笑)
去年の映画は観た後「いやあ?、子どもの映画って意外と奥が深いんだよなー」って思ったものですが・・・。(腐女子的にも萌えポイント色々あったし。笑)
今回は「で、結局なんだったの?いったい?」って感が強かったです(笑)

現在の『フレッシュプリキュア』はまだ始まったばかりで戦い慣れしてないという設定みたいでたいした活躍はしません(でもおいしいところは結構もってく)。まあ、それは仕方がないことでしょう。
『5GoGo』ののぞみちゃんが結構いいこといっぱい言ってたな。(というかのぞみちゃんのおかげで話が進むことが多かった)
ただし、悪者が結局どんな存在だったのか全くよく分からなかった。プリキュアたちの力を吸収して融合しようとしている存在なんですが正体がしれないまま、何の説明もなく終わっちゃうんです(汗)これから『フレッシュプリキュア』の話が進むうちに明らかになるのかなー?
まあ、前回と違って敵さんは『完全なる悪者』なので、プリキュアたちがどこんどこんやっつけるとスカッとしますけどね(笑)
お子様的にはあれだけいっぱい歴代プリキュアが勢揃いして、変身シーンや必殺技ばりばり出てくれば満足かもしれないです。(実際むにもとても喜んでいた)
ただ、ストーリー性があまりない分、大人としては前回ほどの魅力は感じなかったですね(^_^;)
あれだけの人数を描かなきゃいけないという前提があるのに、なおかつストーリー性まで求めるのは無理というものなのかもしれませんね。

しかし、終わった後に

『2009年秋 プリキュア映画ロードショウ!』

って宣伝が入ったのには笑わせられました。
『あーんなことや、こーんなことがおこって もうたいへ??ん!でも、みんなの力を合わせれば大丈夫!』
とか言ってたけど、それって結局なんにも明らかにされてないじゃん!(っていうか決まってないんでしょ!?ってつっこみたくなる。笑)
今ここで宣伝する必要あるのかしら??
謎です・・・

お約束のアイテム。
今回は『レインボーミラクルライト』という名前でした。
レインボーミラクルライト

今回はプログラムも無事買えました。(でも、前回のプログラムの方が欲しかったよ??!!!)
スタンプ押すところがあり、むにが喜んで押してました。
プログラムにスタンプ

これもお約束。ボードの前の撮影スポットでカシャリ。
ボードの前で

帰りはお買い物してお昼食べて帰りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする