マイクロソフト インテリマウス

私は光学式のワイヤレス(無線)マウスを使っています。いえ、正確に言うと使っていました。
なぜ過去形かというと、今朝パソコンを移動させる際に、誤って無線マウスの受信部分(っていうのかな?)を中途半端なところでパキッとやってしまい、全く機能しなくなったからなのです…_| ̄|○
しかも、パソコン本体のUSBポートから抜けないので、そこも使用不可になってしまった…。
なんということ。
今のところもうひとつUSBポートがあるのでそちらに普通のマウスを取り付けて使用しているんですが、USBポートは結構使うので一つしかないと不便極まりないです。

私の愛用していたワイヤレスマウスは↓の『Microsoft IntelliMouse Explorer for Bluetooth』。
Microsoft IntelliMouse Explorer for Bluetooth幼い娘がいる私にとってパソコンに繋いでいる線は少なければ少ないほどいい。線があると、やたらと引っ張ろうとするのでおそろしい。
そんな訳で使用し始めたこのマウス。
形はホントに手にフィットするし(形が滑らかなのがいいですよねえ)、動作も滑らか(特に真ん中のスクロールするところ)で、とても気に入っていたんですよー。
そして、私にはそこまで使いこなせてはいなかったのですが、垂直方向だけじゃなくて水平方向にもスクロール可能らしいですね!素晴らしい…。しかも、5つのボタンはカスタマイズ可能とか。色々自分仕様にしたい人にも満足できそうですよね。
…って、熱く語ったところで、当のマウスは壊れて動かない。
悲しい…また購入しなくては。


破壊証拠写真はこちらです(涙)

ただ、このマウス、たまーにマウス本体の動きをパソコン側が認識してくれなくなって固まってしまうことがあり、それがちょっと難でした。(ワイヤレスじゃないマウスではそういうことがないので、パソコン本体側の原因ではないと思うのですが…どうなんでしょう)
でもそれは、このインテリマウス特有の問題というより、『ワイヤレス』マウスの宿命?みたいなものでしょうがないことなのかもしれませんね(汗)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする